トップページ
>
CSR

CSR Corporate Social Responsibility

株式会社光運送では、地域環境・地球環境に配慮したエコドライブを実践しています。

限りある資源を次世代にも残すために、デジタコを活用し徹底した燃費管理をおこなっております。

 


 

 

  医薬品輸送という重大な社会的責任を

 

     温度管理、時間管理、荷扱い管理などの

 

               最適化により追求し続けます。

 

 

 

光運送が取り組むエコドライブ

1.ふんわりアクセル「eスタート 2.ゆとりをもった車間距離の維持

穏やかにアクセルを踏んでやさしい発進を心がけております。やさしい発進は燃費が改善するだけでなく安全運転にもつながります。

 

車間距離が短くなるとムダな加速・減速の機会が多くなってしまいます。当然ムダな加速・減速は燃費にも悪影響を及ぼします。ゆとりをもった車間距離は同じ道路を走行するドライバーにも安心感を与え交通事故防止にもつながります。

 

3.減速時の早めのアクセルオフ 4.適切なエアコンの使用

停止することがわかったら早めにアクセルオフしエンジンブレーキを活用しています。早めのアクセルオフは燃費改善にもつながります。停止時だけでなく減速や坂道を下るときにもエンジンブレーキを活用しています。

 

医薬品輸送と同様、ドライバーにも適切な温度設定があると考えます。過度に冷やしすぎたり温めすぎたり、適切な温度設定はドライバーの健康維持と燃費の改善につながります。

 

 

5.ムダなアイドリングをストップ 6.こまめなタイヤ空気圧のチェック

駐停車やサービスエリアでの休憩の際にムダなアイドリングをストップし、CO2削減に取り組んでいます。

※但し、医薬品輸送時は徹底した温度管理が必要なためエンジンを停止しない場合があります。

 

こまめなタイヤ空気圧のチェックは燃費の改善につながるだけでなく、タイヤの状態を診断することで交通事故防止にもつながります。